松本松栄堂書道教室

ブログ

Blog

【書道】「城」の書き方とコツ&手本動画(毛筆・大筆・楷書)

 

【城】の書き方

 

そこそこ納得のいく「城」が書けました!

 

〈アドバイス〉
① 4画目は、内側に少し反って左下へ払います(画像参照)。反りすぎると、5画目以降の点画が右にズレてしまうので注意が必要です。

 

② 5画目は、1画目の延長線上に書くと良い。

 

③ 6画目は、5画目の二分の一弱の幅で書きます。

 

④ 7画目の反りは、最長にして3等分にします(画像参照)。伸びやかに書きたいです。
また、6画目の折れ部と少し重なるくらいであれば問題ないですが、思いっきりぶつかるのは良くないと思うので、反り具合に気をつけましょう。

 

⑤ 3画目の右上払いを除いて、横画の角度はほぼ平行にすると美しさが増します。

 

⑥ 墨継ぎについて。
僕は運筆の流れ(気持ちのつながり)も考えながら書いています。
7画目のハネ後、墨継ぎをした方が残りの点画が書きやすくはなりますが、今回は流れを大切にして敢えて墨継ぎをしませんでした。
また、8画目の先は少し割れましたが、このくらいであれば問題ないことも示したかったのです。

 

【書道】「城」の書き方とコツ&手本(毛筆・大筆・楷書)①

 

【書道】「城」の書き方とコツ&手本(毛筆・大筆・楷書)②

 

 

この記事の他にもブログで書道のポイント等を投稿しています。
よろしければご覧ください。

ブログ記事の一覧はこちら

 

 

◆お知らせ
東京の日本橋で書道教室を行っています。
体験レッスンも随時受付中です。
教室の詳細は下記のページをご覧ください。

松本松栄堂 書道教室について

 

遠方の方には通信講座も行っています。
通信講座の詳細は下記のページをご覧ください。

通信講座について

 

Youtubeとインスタグラムでも書き方のポイントなど書道について投稿しています。
よろしければご覧ください。

書道教室Youtube

書道教室インスタグラム

<前の記事 一覧にもどる 次の記事>