松本松栄堂書道教室

ブログ

Blog

【書道・参考手本】「つる」(毛筆・大筆・楷書)

【書道・参考手本】「つる」(毛筆・大筆・楷書)①

 

【つる】

 

競書誌「雪心」12月号の小学1年生の課題より。

 

鶴(つる)は縁起の良い生き物です✨

 

「鶴は千年、亀は万年」と言われるように長寿の象徴です。
また、鶴は夫婦仲が良く、一生連れ添うことから「夫婦鶴(めおとづる)」とも呼ばれ、夫婦仲の象徴としても知られます。

 

〈アドバイス〉
【つ】・・・書き始めはどんっと筆を置き、腕を使って大きく回して元気よく左下に払いましょう。

 

【る】・・・初めの横線は短く書きます。右回転の部分は、【つ】と同様に腕を使います。下部の結びは中心にくるようにします。

 

 

各字の細かいアドバイスは以下の投稿もご覧ください。
揮毫動画もあります。

 

【つ】の書き方はこちら

 

【る】の書き方はこちら

 

【書道・参考手本】「つる」(毛筆・大筆・楷書)②

 

 

この記事の他にもブログで書道のポイント等を投稿しています。
よろしければご覧ください。

ブログ記事の一覧はこちら

 

 

◆お知らせ
東京の日本橋で書道教室を行っています。
体験レッスンも随時受付中です。
教室の詳細は下記のページをご覧ください。

松本松栄堂 書道教室について

 

遠方の方には通信講座も行っています。
通信講座の詳細は下記のページをご覧ください。

通信講座について

 

Youtubeとインスタグラムでも書き方のポイントなど書道について投稿しています。
よろしければご覧ください。

書道教室Youtube

書道教室インスタグラム

<前の記事 一覧にもどる 次の記事>