松本松栄堂書道教室

ブログ

Blog

【書道】「鳥」の書き方とコツ&手本動画(毛筆・大筆・楷書)

 

【鳥】の書き方

 

何となく「鳥」を書いてみようと練習しましたが、上下のバランスが難しいです(^_^;)
上部をゆったりを書くと、かなり背の高い字になってしまいますし、、

 

〈アドバイス〉
① 1画目の短い左払いはしっかり見えるようにしてスッキリさせましょう!

 

② 2画目の縦画は長めに書く良いですが、どのくらい長くすれば右側が書きやすいか確かめましょう。何パターンか試してみましょう。

 

③横画は全てほぼ等間隔で同じ角度。細く書いて、その間隔を広く見せたい。

 

④ 7画目折れ部の後は、「力」のように少し膨らみながら内側に進みます。ここの高さがあると、この後の4つの点が書きやすいです。

 

⑤ 4つの点について。
左から、大・小・小・中という大きさです。
また、1つ目の点だけ左下に進む書き方(ウ冠や雨冠の2画目をイメージ)です。他の3つと同じ方向でも問題ありませんよ。

 

【書道】「鳥」の書き方とコツ&手本(毛筆・大筆・楷書)①

 

【書道】「鳥」の書き方とコツ&手本(毛筆・大筆・楷書)②

 

 

この記事の他にもブログで書道のポイント等を投稿しています。
よろしければご覧ください。

ブログ記事の一覧はこちら

 

 

◆お知らせ
東京の日本橋で書道教室を行っています。
体験レッスンも随時受付中です。
教室の詳細は下記のページをご覧ください。

松本松栄堂 書道教室について

 

遠方の方には通信講座も行っています。
通信講座の詳細は下記のページをご覧ください。

通信講座について

 

Youtubeとインスタグラムでも書き方のポイントなど書道について投稿しています。
よろしければご覧ください。

書道教室Youtube

書道教室インスタグラム

<前の記事 一覧にもどる 次の記事>