松本松栄堂書道教室

ブログ

Blog

【書道】「犬」の書き方とコツ&手本動画(毛筆・大筆・楷書)

 

【犬】の書き方

 

犬との思い出はこれ(最後の写真)です!
祖父母宅で飼っていたマルチーズのマリ。

 

僕が散歩させているのではなく、散歩させられています!
マリは僕の歩くスピードを確認しながら進んでくれる賢い犬だったそうです(^^)
1歳2ヶ月直前の頃(30年前)なので記憶はないですが、母から聞きました。

 

さて、【犬】の説明を。
シンプルな漢字だけど、細かい事を気にし始めると難しい、、

 

〈アドバイス〉
①左右の払いは、富士山のように左右対称に裾広がりに書きます。角度は約45度くらい。

 

②左払いは、最後(距離が10あるとしたら8あたり)まで筆圧を弱めず払うと、力強い左払いになります。自然な筆遣いで書けることを目指したいです。

 

③最後の点は丁寧に書きましょう。筆に含まれる墨が少なくて書きづらそうであれば、少し補うと良いでしょう。

 

【書道】「犬」の書き方とコツ&手本(毛筆・大筆・楷書)①

 

【書道】「犬」の書き方とコツ&手本(毛筆・大筆・楷書)②

 

祖父母宅で飼っていたマルチーズのマリ

 

 

この記事の他にもブログで書道のポイント等を投稿しています。
よろしければご覧ください。

ブログ記事の一覧はこちら

 

 

◆お知らせ
東京の日本橋で書道教室を行っています。
体験レッスンも随時受付中です。
教室の詳細は下記のページをご覧ください。

松本松栄堂 書道教室について

 

遠方の方には通信講座も行っています。
通信講座の詳細は下記のページをご覧ください。

通信講座について

 

Youtubeとインスタグラムでも書き方のポイントなど書道について投稿しています。
よろしければご覧ください。

書道教室Youtube

書道教室インスタグラム

<前の記事 一覧にもどる