松本松栄堂書道教室

ブログ

Blog

【書道】「友達」の書き方とコツ&手本動画(毛筆・大筆・楷書)

 

【友達】

 

令和4年度JA共済 全国小・中学生書道コンクール、小学4年の半紙課題より。

 

上記の手本動画では【友】をほんの少しだけ小さく書きました!
最も集中したのは、動画でも分かると思いますが、【達】の「羊」です。
線を細くし、その間隔を揃えて狭くするので慎重に書いています(^_^;)

 

〈アドバイス〉
【友】・・・2画目の頭(始筆の部分)をしっかり出し、払う角度が倒れすぎないように気をつけましょう。2本の左払いは角度が異なります。
「達」がどうしても大きくなるので、左右の払いを伸びやかに書き、スケールを大きく見せると良いと思います。

 

【達】・・・1~9画目は線の太細を付け、横画の間隔は狭めにして書かないと半紙に収まらないので工夫を。また、細くなり過ぎて弱く見えないよう書きましょう。
しんにょうはメリハリのあるように書きたい。例えば、折れをしっかり、右払いはだんだん太く、など。
“ 1~9画目(右側)” と “しんにょう” は寄り添うように書きましょう。バラバラにならないように。
僕のは、最後の払いが少し長かったかな(^_^;)

 

【書道】「友達」の書き方とコツ&手本(毛筆・大筆・楷書)①

 

【書道】「友達」の書き方とコツ&手本(毛筆・大筆・楷書)②

 

 

この記事の他にもブログで書道のポイント等を投稿しています。
よろしければご覧ください。

ブログ記事の一覧はこちら

 

 

◆お知らせ
東京の日本橋で書道教室を行っています。
体験レッスンも随時受付中です。
教室の詳細は下記のページをご覧ください。

松本松栄堂 書道教室について

 

遠方の方には通信講座も行っています。
通信講座の詳細は下記のページをご覧ください。

通信講座について

 

Youtubeとインスタグラムでも書き方のポイントなど書道について投稿しています。
よろしければご覧ください。

書道教室Youtube

書道教室インスタグラム

<前の記事 一覧にもどる 次の記事>