松本松栄堂書道教室

ブログ

Blog

【書道】「暑」の書き方とコツ&手本動画(毛筆・大筆・楷書)

 

【暑】の書き方

 

今日から7月

 

教室を始めて早一年。あっという間でした!
僕の誕生月でもあります。

 

それにしても毎日ほんと暑すぎます。

 

今回は、バランスが取りづらそうな「暑」。

 

〈アドバイス〉
①複雑な漢字なので、太細を付けながら書きます。太い線で全てを書こうとすると、文字が怪獣のように大きくなってしまいます。気をつけましょう。

 

②全て横画の角度をだいたいそろえる(パッと見た時にそろって入れば良い)。最後まで気が抜けないです。

 

③上部の「日」と「土」の横画の間隔を等しくする。

 

④ 7画目は長く強調し(かなり長い)、少し上に反らします。

 

⑤ 8画目の書き始めの位置は、2画目終筆部の右横あたりからです。長く払います。

 

⑥下部の「日」の右側のラインは、5画目(「土」の1本目の横画)終筆部とほぼ同じラインにしておくと整った形になると思います。上部「日」の折れ部のラインよりは少し内側ですね。

 

⑦余裕があれば、、
一筆で書ければそれに越したことはないですが、画数が多いのでどこで墨を補うかも考えたい漢字ですね。

 

【書道】「暑」の書き方とコツ&手本(毛筆・大筆・楷書)①

 

【書道】「暑」の書き方とコツ&手本(毛筆・大筆・楷書)②

 

 

この記事の他にもブログで書道のポイント等を投稿しています。
よろしければご覧ください。

ブログ記事の一覧はこちら

 

 

◆お知らせ
東京の日本橋で書道教室を行っています。
体験レッスンも随時受付中です。
教室の詳細は下記のページをご覧ください。

松本松栄堂 書道教室について

 

遠方の方には通信講座も行っています。
通信講座の詳細は下記のページをご覧ください。

通信講座について

 

Youtubeとインスタグラムでも書き方のポイントなど書道について投稿しています。
よろしければご覧ください。

書道教室Youtube

書道教室インスタグラム

<前の記事 一覧にもどる 次の記事>