松本松栄堂書道教室

ブログ

Blog

【書道】「梅」の書き方とコツ&手本動画(毛筆・大筆・楷書)

 

【梅】の書き方

 

梅雨の季節

 

「梅雨」の語源は、梅の実が熟する頃(初夏の5月から6月頃)に降る長雨であることから、「梅雨」と呼んだという説があります。
諸説ありますが、、

 

〈アドバイス〉
①木へんは1/3、「毎」は2/3くらいの割合の幅で書くと収まりが良いです。
かなり左側に木へんを書きます。

 

②木へんの縦画は、書き方ポイントで示した部分を長くしておくと、「毎」(特に「毋」)が書きやすくなります。

 

③ 1画目と6画目は、だいたい同じ高さから書き始めるとバランス良く書けます。

 

④ 8画目のハネの部分は、小さいですがしっかり書きたい。

 

⑤「毎」の横画の角度は異なるので、確認しましょう。

 

※ 8画目のハネの後、墨継ぎをするつもりはなったのですが、穂先がねじれていたので墨を少し付けて整えました。
一字の中では、なるべく墨継ぎを減らした方がリズム良く書けると僕は思います。

 

【書道】「梅」の書き方とコツ&手本(毛筆・大筆・楷書)①

 

【書道】「梅」の書き方とコツ&手本(毛筆・大筆・楷書)②

 

【書道】「梅」の書き方とコツ&手本(毛筆・大筆・楷書)③

 

 

この記事の他にもブログで書道のポイント等を投稿しています。
よろしければご覧ください。

ブログ記事の一覧はこちら

 

 

◆お知らせ
東京の日本橋で書道教室を行っています。
体験レッスンも随時受付中です。
教室の詳細は下記のページをご覧ください。

松本松栄堂 書道教室について

 

遠方の方には通信講座も行っています。
通信講座の詳細は下記のページをご覧ください。

通信講座について

 

Youtubeとインスタグラムでも書き方のポイントなど書道について投稿しています。
よろしければご覧ください。

書道教室Youtube

書道教室インスタグラム

<前の記事 一覧にもどる 次の記事>