松本松栄堂書道教室

ブログ

Blog

【書道】「永」の書き方とコツ&手本動画(毛筆・大筆・楷書)

 

【永】の書き方

 

書の基本!!

 

「永」という一字には、楷書の基本となる8種類の点画が含まれています。このことを表した言葉が「永字八法」です。

 

❖ 永字八法の基本技法 ❖
1. 点(側・そく)
2. 横画(勒・ろく)
3. 縦画(努・ど)
4. はね(趯・てき)
5. 右上がりの横画(策・さく)
6. 左払い(掠・りゃく)
7. 短い左払い(啄・たく)
8. 右払い(磔・たく)

 

基本的な筆の運び方を学ぶ事ができます。
しかし、この「永」の字をマスターすれば、どんな漢字も書けるということにはなりません(^_^;)

 

様々な文字に当たって、他にもある点画(運筆)の練習をすることが大切だと思います!
基礎・基本をしっかり定着させて、色んなことにチャレンジしてください。

 

〈アドバイス〉
① 2画目の縦画は真っ直ぐ長く。
最後のはねは、そこまで力を加えないです。力が強いと重い印象になったり、コブができたりします。

 

② 3画目は、2画目の縦画とどのくらいの距離書くべきか覚えたいです。縦画との間に空間を作りますが、離れすぎても近すぎてもダメです。

 

③ 4画目は3画目折れ部あたりを目掛けて払い、5画目はそこから書き始めます。

 

【書道】「永」の書き方とコツ&手本(毛筆・大筆・楷書)①

 

【書道】「永」の書き方とコツ&手本(毛筆・大筆・楷書)②

 

 

この記事の他にもブログで書道のポイント等を投稿しています。
よろしければご覧ください。

ブログ記事の一覧はこちら

 

 

◆お知らせ
東京の日本橋で書道教室を行っています。
体験レッスンも随時受付中です。
教室の詳細は下記のページをご覧ください。

松本松栄堂 書道教室について

 

遠方の方には通信講座も行っています。
通信講座の詳細は下記のページをご覧ください。

通信講座について

 

Youtubeとインスタグラムでも書き方のポイントなど書道について投稿しています。
よろしければご覧ください。

書道教室Youtube

書道教室インスタグラム

<前の記事 一覧にもどる 次の記事>