松本松栄堂書道教室

ブログ

Blog

【作品鑑賞】「神護寺経」(平安時代後期)

「神護寺経」(平安時代後期)

 

作品鑑賞

 

展示会の「神護寺経」

 

京都・高雄山の神護寺に伝来した、平安時代後期の紺紙金字一切経。

 

見返し(扉絵)は、霊鷲山を背景にお釈迦様が説法している場面を、金銀泥で描いているそうです。

 

勉強になりました‪。

 

写経したいな思っていますが、なかなかしない自分。。

 

 

2022 平安時代から現代まで」展
〈会期〉4月23日(土)~5月1日(日)
〈会場〉松本松栄堂 東京オフィス(教室と同じ場所)
    東京都中央区日本橋3丁目8-7 坂本ビル3F

 

「神護寺経(扉絵)」(平安時代後期)

 

 

この記事の他にもブログで書道のポイント等を投稿しています。
よろしければご覧ください。

ブログ記事の一覧はこちら

 

 

◆お知らせ
東京の日本橋で書道教室を行っています。
体験レッスンも随時受付中です。
教室の詳細は下記のページをご覧ください。

松本松栄堂 書道教室について

 

遠方の方には通信講座も行っています。
通信講座の詳細は下記のページをご覧ください。

通信講座について

 

Youtubeとインスタグラムでも書き方のポイントなど書道について投稿しています。
よろしければご覧ください。

書道教室Youtube

書道教室インスタグラム

<前の記事 一覧にもどる 次の記事>