松本松栄堂書道教室

ブログ

Blog

【書道教室内の掛軸】与謝蕪村《「箒目に」自画賛 》

【教室内の掛軸】与謝蕪村《「箒目に」自画賛 》

 

松本松栄堂 書道教室では、本物の日本美術を感じながら書のお稽古に励めます。
ほかの書道教室では味わえない「学びの場」をご提供しています。

 

こちらのブログで
月に一、二点ご紹介していこうと思います。

 

今、展示されている掛軸は、
与謝蕪村《「箒目に」自画賛 》です。

 

〈解説〉
中央に箒(ほうき)だけが描かれ、寒山と拾得の世界に繋がっている図です。
箒の右に「草箒黄巻掛在壁間 主是何者拾得寒山」の詩、左に「箒目にあやまつ足や若楓 」の夏の句が書かれています。

 

◯与謝蕪村(1716-1784)
江戸中期の俳人・文人画家。日本文人画の大成者として池大雅と並称され、合作の「十便十宜図」は国宝に指定され有名です。

 

今日はお稽古日でした。

 

僕は教える立場ではありますが、生徒さんの質問や疑問などから学ぶ事も多々あって楽しんでいます。

 

お互いに高め合える教室になればなあと思います。
何事も「楽しむ」ことが一番ですね!

 

 

こちらのブログで書道のポイント等を投稿しています。
よろしければご覧ください。

ブログ記事の一覧はこちら

 

 

◆お知らせ
東京の日本橋で書道教室を行っています。
教室の詳細は下記のページをご覧ください。

松本松栄堂 書道教室について

 

遠方の方には通信講座も行っています。
通信講座の詳細は下記のページをご覧ください。

通信講座について

 

Youtubeとインスタグラムでも書き方のポイントなど書道について投稿しています。
よろしければご覧ください。

書道教室Youtube

書道教室インスタグラム

<前の記事 一覧にもどる 次の記事>